伊藤悠貴チェロソロリサイタル

1989年東京出身、15歳からロンドン在住。 2010年ブラームス国際コンクール優勝,2011年英国の最高峰・ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール優勝以来、V.アシュケナージ,小澤征爾,小林研一郎,大友直人,山下一史らをはじめ、フィルハーモニア管,サウスバンク・シンフォニア,クラーゲンフルト歌劇場管,オザワ祝典アンサンブル,読管,東響,大フィル,群響などと共演を重ねている。 バロックから現代まで幅広いレパートリーの中でも、とりわけラフマニノフ作品の演奏・解釈は国際的な評価を受け、音楽界の殿堂ウィグモア・ホールでチェリスト史上初となったオール・ラフマニノフ・リサイタルをはじめ、ロイヤル・フェスティバル・ホール,ウィンザー城,パリ・マリニー劇場,ローマ・マルケッルス劇場,ザルツブルグ・ミラベル宮殿,紀尾井ホールなど、各国主要ホールでリサイタルを開催、100年記念には、ヨーヨー・マが行った大役を担った。 デビュー盤「ラフマニノフ:チェロ作品全集」はストラッド誌特選盤,最新アルバム「ザ・ロマンティック」はレコード芸術誌特選盤受賞。
 指揮者としてナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督を務め、英BBC,NHKをはじめ各国のテレビ,ラジオ番組への出演、クラシック音楽ラジオ局OTTAVA「伊藤悠貴 The Romantic」のパーソナリティも務めるなど、活動は多岐に渡る。

英国王立音楽大学首席卒業。倉田澄子,A.ボヤルスキー,D.ゲリンガス各氏に師事。

使用楽器は、日本ヴァイオリンより貸与された1734年製ゴフリラー。

今回の彼の日本ツアーのひとつとして、兵庫県太子町にある聖徳太子ゆかりの<斑鳩寺いかるがでら

にてコンサートを開催。1400年の歴史をもつ文化財という空間の中での、若き一流アーティストの音をこの機会に是非お楽しみ下さい。

Schedule

2018年10月20日(土)

 16時30分 開場

 17時00分 開演予定

  演奏後「アーティストトーク」

 

※当日CDお買い上げのお客様を対象として

 「サイン会」も予定しています。

国指定重要文化財・三重塔と夕景


Location

兵庫県指定重要文化財

斑鳩寺いかるがでら 聖徳殿

兵庫県揖保郡太子町鵤70いかるが9

http://www.ikarugadera.jp/ 


※南側斑鳩寺駐車場,北側斑鳩寺公園臨時駐車場をご利用下さい。靴を脱いでのご入場となります。

ARTISTS

チェロ

伊藤 悠貴

(イギリス)

https://www.yukiitocello.com/

音楽監督

高野 敬子

(イギリス)

たつの市揖保川町出身

https://www.keikotakano.net/