伊藤悠貴・竹ノ内博明                                   チェロとピアノの夕べ

伊藤 悠貴(チェロ) 

1989年東京出身、15歳からロンドン在住。 2010年ブラームス国際コンクール優勝,2011年英国の最高峰・ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール優勝以来、V.アシュケナージ,小澤征爾,小林研一郎,大友直人,山下一史らをはじめ、フィルハーモニア管,サウスバンク・シンフォニア,クラーゲンフルト歌劇場管,オザワ祝典アンサンブル,読管,東響,大フィル,群響などと共演を重ねている。 バロックから現代まで幅広いレパートリーの中でも、とりわけラフマニノフ作品の演奏・解釈は国際的な評価を受け、音楽界の殿堂ウィグモア・ホールでチェリスト史上初となったオール・ラフマニノフ・リサイタルをはじめ、ロイヤル・フェスティバル・ホール,ウィンザー城,パリ・マリニー劇場,ローマ・マルケッルス劇場,ザルツブルグ・ミラベル宮殿,紀尾井ホールなど、各国主要ホールでリサイタルを開催、100年記念には、ヨーヨー・マが行った大役を担った。 デビュー盤「ラフマニノフ:チェロ作品全集」はストラッド誌特選盤,最新アルバム「ザ・ロマンティック」はレコード芸術誌特選盤受賞。
 指揮者としてナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督を務め、英BBC,NHKをはじめ各国のテレビ,ラジオ番組への出演、クラシック音楽ラジオ局OTTAVA「伊藤悠貴 The Romantic」のパーソナリティも務めるなど、活動は多岐に渡る。

英国王立音楽大学首席卒業。倉田澄子,A.ボヤルスキー,D.ゲリンガス各氏に師事。

使用楽器は、日本ヴァイオリンより貸与された1734年製ゴフリラー。

竹ノ内 博明(ピアノ)

1978年生まれ。英国王立音楽大学修士課程修了。2005年同学のエリザベス皇太后薔薇杯受賞。在学中はマーティン音楽基金,マイラ・へス財団,ティレット音楽基金,ウォール財団及び王立音楽大学より奨学金を授与される。ロンドンを拠点に充実した演奏活動を展開。ロンドン・サウスバンクセンター,ハンブルク・ムジークハレ,ウィグモアホール,東京オペラシティ(B→C)などを始め、これまでにイギリス,ドイツ,オーストラリア,イタリアなどの各地に客演する。チェルトナム国際音楽祭,バース国際音楽祭などにも出演。2019年はモーツァルトソナタ全曲演奏(イギリス,南アフリカ)なども予定。「日本現代ピアノ作品集」,ジェームス・ディロンのBlack/ Nebulae(河合祝子氏との二台ピアノ),ピアノ協奏曲(王立スコットランド交響楽団),ハイドン・ソナタ集、シューマン/ベネット作品集などのCDに加え、現在新録音三本準備中。現代作品からフォルテピアノ演奏まで興味は幅広い。

Schedule

2018年10月29日(月)

 19時00分 開場

 19時30分 開演    

 ※開演時間が変更になりました!

 画像:横浜市大倉山記念館HP


Location

横浜市指定有形文化財

横浜市大倉山記念館

横浜市港北区大倉山2-10-1

http://o-kurayama.com/ 


※東急東横線・大倉山駅から徒歩7分,タクシー3分。

 駐車場が使えませんので、お車でお越しの際は近隣の駐車場をご利用下さい。

ARTISTS

チェロ

伊藤 悠貴

(イギリス)

https://www.yukiitocello.com/

ピアノ

竹ノ内 博明

(イギリス)

http://hiroakitakenouchi.com/ja

音楽監督

高野 敬子

(イギリス)

https://www.keikotakano.net/